夫「娘のDHA鑑定をしたいんだが……」 妻「ええっ!?」





    1 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:12:09.623 ID:TuSX9ZDa0.net

    夫「話がある」

    妻「なに?」

    夫「娘のDHA鑑定をしたいんだが……」

    妻「ええっ!?」

    妻「あの子が自分の子じゃないって不安になったの? いいわ、DNA鑑定をやりましょう」

    妻「それであなたの気が済むなら……」

    夫「DNAじゃない……DHA鑑定だ」


    4 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:15:05.722 ID:TuSX9ZDa0.net

    妻「DHAってたしか……」

    夫「ドコサヘキサエン酸……不飽和脂肪酸の一種だ」

    夫「マグロ、サバ、サンマ、イワシなどといった水産物に含まれており」

    夫「多くの健康効果を期待できることから、数々の健康食品に使われている」

    妻「そんなの鑑定してどうするのよ?」

    夫「いいからやるんだッ!」

    妻「わ、分かったわよ! あの子を病院に連れていきましょう!」


    6 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:16:39.144 ID:EkdCcFxk0.net

    狙いすぎと思ったら違った


    7 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:16:45.377 ID:u9ugbq9oM.net

    期待


    9 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:20:01.834 ID:TuSX9ZDa0.net

    <病院>

    医者「では、娘さんのDHA鑑定を行います」

    医者「この装置に入っていただければ、体内のDHA含有量を測定することができます」

    娘「分かりました!」

    娘「じゃあお父さん、お母さん、行ってくるね!」

    夫「うむ」

    妻(どうしてこの人は娘にこんなことを……?)


    10 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:23:24.422 ID:TuSX9ZDa0.net

    夫「いかがだったでしょうか?」

    医者「はい、鑑定の結果、娘さんの体には豊富なDHAが含まれておりました」

    医者「常人の千倍……いや一万倍は含有しておられます。実に驚くべき数値です」

    夫「やはり、そうでしたか」

    娘「やったー! お魚いっぱい食べててよかったー!」

    妻「……」

    夫「フッフッフ……」


    11 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:26:12.879 ID:TuSX9ZDa0.net

    夫「つまり、ようやく娘が食べ頃に育ったというわけだ」

    娘「え……?」

    妻「どういうこと、あなた!?」

    夫「俺がなんのためにこいつにサバやらイワシやらを沢山食わせ続けてきたか分かるか?」

    夫「こいつがDHA豊富になった時、俺が食うためだったんだよォォォォォ!!!」

    妻「な、なんですって!?」


    12 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:30:26.923 ID:TuSX9ZDa0.net

    妻「なんでそんなことを……?」

    夫「決まってるだろう。DHAにはある種の若返り作用があるといわれている」

    夫「とはいえ、そこらの魚をいくらチマチマ食ったところで劇的な効能を得ることは不可能だ」

    夫「だが、もしもDHAを大量に蓄積した娘を喰らったとしたらどうだ!?」

    夫「俺は若返ることができるんだァァァァァッ!!!」

    夫「さあ、俺の血となり肉となるのだ、娘よ!」ガシッ

    娘「ひいいいいっ……!」


    13 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:32:06.513 ID:KkjLSsDQr.net

    マジキチ親父だった


    14 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:33:18.547 ID:TuSX9ZDa0.net

    妻「やめて!」バシッ

    夫「ぐっ!?」

    娘「お母さん……」

    妻「逃げるわよ!」ダッ

    タタタッ…

    夫「おのれ、逃がすかぁ! 絶対に食ってやるぞ、娘よ!」クワッ


    15 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:36:38.097 ID:TuSX9ZDa0.net

    妻「早く車に乗って!」

    娘「うん!」

    バタンッ

    妻「エンジンを……」キュルルル…


    夫「待ちやがれぇぇぇ!!!」


    ブロロロロロロ…

    妻「やった! 間に合った!」

    娘「う、うう……」

    妻「もう大丈夫よ。助手席に座ってて」


    16 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:39:15.752 ID:TuSX9ZDa0.net

    ブロロロロロ…

    妻「さいわい道路も空いてるわ。あとはひたすら遠くまで逃げて、警察に駆け込めば……」

    娘「お、お母さん……」

    妻「?」

    娘「バックミラー……見て」

    妻「ゲ!?」



    夫「逃がさんぞおおおおおおおおおお!!!」ドドドドドッ


    18 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:41:41.659 ID:GIou98ad0.net

    夢に出てきそうで怖い


    17 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:39:17.269 ID:NutzbK1X0.net

    ちょっと人類には早すぎるSSだ


    20 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:43:43.607 ID:TuSX9ZDa0.net

    ブロロロロロ…

    妻「アクセルは踏み込んでるのに、みるみる追いついてくる!」

    夫「逃がすか……」

    妻「横につかれた!」

    夫「むんっ!」

    バリィンッ

    妻「ひいいっ! ガラスを割って車内に手を入れてきた!」

    娘「きゃーっ!」

    夫「食ってやる、食ってやるぞ、娘よ!」


    22 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:44:46.981 ID:Ub+Pt4IT0.net

    この夫は四足歩行だと思う


    23 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:46:36.425 ID:TuSX9ZDa0.net

    妻「なんとか振り落とさなきゃ……!」

    ギャルルルルッ ギュルルルルルッ

    夫「う、うおおおおおおおおっ!?」

    妻「あの電柱にぶつけてやるわ!」グインッ

    ガツンッ!

    妻「やった!」

    夫「なんの……これしきィ!」

    娘「ダメ! 全然ダメージ受けてない!」

    妻「我が夫ながらなんてタフネスッ!」


    24 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:49:43.624 ID:TuSX9ZDa0.net

    妻「ハッ!」


    【 ←高速道路   海→ 】


    妻「右に行ったら海! 左へ曲がらなきゃ――」

    娘「待って、お母さん! ……右へ行って!」

    妻「どうして!?」

    娘「いいから!」

    妻「なにか考えがあるのね……分かったわ!」ギャルッ


    25 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:52:19.067 ID:TuSX9ZDa0.net

    ザザーン…

    夫「わざわざ逃げ場のない海に逃げ込むとはな……バカな奴らだ」

    妻「くっ……!」

    娘「お母さん、あたしにしっかり掴まって!」ガシッ

    妻「えっ?」

    娘「逃げ場ならあるわ! あたしたちは海に逃げるッ!」バッ

    ザバァンッ!

    夫「なんだとッ!?」


    26 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:53:43.082 ID:KkjLSsDQr.net

    熱い展開


    27 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:54:47.471 ID:EReTMwHid.net

    ああここで生きてくるのか


    28 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:56:44.507 ID:TuSX9ZDa0.net

    ザバザバザバ…

    娘「ふっ、ふっ、ふっ」

    妻「あなた、こんなに泳ぎが得意だったの?」

    娘「うん! 魚をいっぱい食べたおかげでね!」

    ザバザバザバザバザバ…

    妻「でもよかった……! これであの人から逃げられ――」


    29 :名無しさん 2019/05/08(水) 22:59:28.327 ID:TuSX9ZDa0.net

    夫「待てぇぇぇぇぇ!!!」

    ザブッザブッザブッ



    妻「あの人も泳いできてるぅ! しかもバタフライ! ――しかも速い! めっちゃ速い!」

    娘「くっ……!」ザバザバザバ

    妻「追いつかれるわ! 私のことは置いていきなさい!」

    娘「そんなのダメ! お母さんと一緒!」


    31 :名無しさん 2019/05/08(水) 23:03:33.374 ID:TuSX9ZDa0.net

    ザザザザザ…

    鮫「……」ギロッ



    娘「あれはまさか――前方から鮫!?」

    妻「そんな……!」

    娘「前門の鮫、後門のお父さん、だなんて……」

    妻「もう終わりだわ……!」


    32 :名無しさん 2019/05/08(水) 23:06:29.042 ID:TuSX9ZDa0.net

    夫「――む」

    夫(どうやらあいつら、鮫にも狙われているようだな)

    夫(DHA豊富な娘を食われるのは惜しいが、海で鮫と戦うほどバカバカしいこともない)

    夫(悪いが、俺は陸に帰らせてもらうぞ)スイッ


    鮫「グワァァァァッ!」

    娘「きゃあああああああっ!」

    妻「いやぁぁぁぁぁぁっ!」


    夫「……」


    34 :名無しさん 2019/05/08(水) 23:09:18.004 ID:TuSX9ZDa0.net

    夫「やめろぉ!」ババッ

    妻「あなた!?」

    娘「お父さん!?」

    鮫「ガァァァァッ!」

    ガブッ!

    夫「ぐうっ……!」


    35 :名無しさん 2019/05/08(水) 23:11:05.081 ID:iqisjB7Qr.net

    親父…!


    36 :名無しさん 2019/05/08(水) 23:12:13.220 ID:TuSX9ZDa0.net

    夫「なかなか鋭い牙だ……だが」ブシュゥゥゥゥ…

    夫「俺の妻と娘には届かねえッ!!!」ブオンッ


    ドゴォォォンッ!!!


    鮫「ギャアアアアッ!」

    ザバァン… プカー…

    …………

    ……


    38 :名無しさん 2019/05/08(水) 23:15:48.818 ID:TuSX9ZDa0.net

    ザザーン…

    妻「あなた!」

    娘「お父さん、しっかりして!」

    夫「ちっ……俺としたことが……利用してただけの妻と、食おうとした娘を……助けちまうなんてな……」

    夫「甘く……なったもんだ……」

    夫「すまなかったな……お前を食おう、として……」

    娘「ううん! もういいよ、いいんだよ!」

    夫「目がかすんできた……。どうやら、俺はここまでの……ようだ……」

    妻「死なないでぇっ!」


    39 :名無しさん 2019/05/08(水) 23:18:28.098 ID:TuSX9ZDa0.net

    夫「二人……とも、元気でな……」

    妻「あなたぁっ!」

    娘「お父さんっ!」

    妻娘「D(大好き)! H(惚れた)! A(愛してる)!」


    パァァァァァ…


    夫「……う。こ、これは?」

    夫(まさか……愛のDHA!?)


    40 :名無しさん 2019/05/08(水) 23:22:02.939 ID:TuSX9ZDa0.net

    夫「俺の怪我が治って……!」

    夫「いや、それどころか若返っていく……!」シュゥゥゥゥゥ…

    妻「そ、そうか!」

    妻「極限状態で私たち二人から発せられた愛のDHAが、あなたの体を若返らせてるんだわ!」

    娘「夢が叶ってよかったね、お父さん!」

    夫「ああ、だが……」シュゥゥゥゥゥゥ…

    夫「これはちょっと若返りすぎな気が……!」シュゥゥゥゥゥゥ…


    41 :名無しさん 2019/05/08(水) 23:25:11.104 ID:TuSX9ZDa0.net

    ショタ夫「どーすんだよ、これー! 娘より小さくなっちゃったよー!」

    妻「あら〜、なかなかの美少年だったのね、あなた」

    娘「かわいい〜!」

    ショタ夫「かわいいじゃないよ! 明日は会社あるんだぞ! こんな格好で出勤できるかよ!」

    妻「見た目は子供、頭脳は大人なサラリーマンってのも悪くないわよ」

    ショタ夫「冗談じゃない! 他人事だと思って!」

    娘「抱きしめてあげるぅ、お父さん!」ギュッ

    ショタ夫「トホホ、DHAなんてもう懲り懲りだよ〜!」





    おわり


    43 :名無しさん 2019/05/08(水) 23:37:04.361 ID:jeJNBfGS0.net


    面白かったが発送がマジキチ


    44 :名無しさん 2019/05/08(水) 23:42:15.590 ID:acKz2Uub0.net

    DHAキメてなきゃ書けないわこれ


    この記事へのコメント