魔王「諦めて余のものとなれ」姫「触らないで!」パシッ 姫「……あら?」

    ohimesama.png




    1 :名無しさん 2019/07/03(水) 22:28:44.426 ID:h1xA7sU30.net

    魔王「クックック……」

    姫「!」ビクッ

    魔王「何をしていたのだ?」

    姫「もちろん……勇者様の無事を祈ってたのよ」

    魔王「勇者はここへはたどり着けんよ。もう諦めろ。諦めて余のものとなれ」

    姫「触らないで!」パシッ

    ボキッ

    姫「……あら?」


    2 :名無しさん 2019/07/03(水) 22:32:55.964 ID:h1xA7sU30.net

    グニャリ…

    姫(魔王の首が曲がって……)

    姫「もしもし? もしもーし?」ユサユサ

    姫(起きない……)

    姫(どうしよう……)

    姫(私、魔王を殺しちゃった……?)


    3 :名無しさん 2019/07/03(水) 22:35:40.802 ID:h1xA7sU30.net

    姫「どうしましょ、どうしましょ!」

    ドクンドクン…

    姫「あっ、魔王の心臓はまだ動いてる! 心臓マッサージをすれば……!」グッ

    グチュッ

    シーン…

    姫「いやあああっ! 潰しちゃった!」


    5 :名無しさん 2019/07/03(水) 22:36:18.536 ID:1Nz0c3FUr.net

    オイオイオイ死んだわ魔王


    7 :名無しさん 2019/07/03(水) 22:38:20.199 ID:h1xA7sU30.net

    「魔王様、どうなされました?」


    姫「!」ハッ

    姫(魔王の側近が来た! もし魔王を殺したことがバレたら殺人罪に問われちゃうかも……!)


    「入りますよ」


    姫(こうなったら、私が魔王の死体を動かすしかない!)グイッ


    8 :名無しさん 2019/07/03(水) 22:43:30.198 ID:h1xA7sU30.net

    側近「失礼します」

    姫(魔王の死体を担いで……私が声を……)

    魔王『う、うむ』カクカク

    側近「何をしてらしたのですか」

    魔王『さらった人間の姫をからかって……遊んでおったのだ』ガクガク

    側近「そうですか。しかし我々の目的は打倒勇者であり、人類を支配下に置くことです」

    側近「くれぐれも程々に……」

    魔王『分かっておるわ!』ギクシャク


    10 :名無しさん 2019/07/03(水) 22:46:31.467 ID:h1xA7sU30.net

    魔王『とっとと下がれ!』

    側近「は……」

    魔王『ああ、あと、しばらく余の部屋に入るでないぞ』

    側近「なぜです?」

    魔王『決まっておろう! 姫とあれこれするためだ! よいな!』

    側近「……かしこまりました」

    バタン…

    姫「ふぅー、なんとかなったわ」

    姫(これでしばらく時間を稼げる……なんとかして魔王を蘇らせないと……)


    11 :名無しさん 2019/07/03(水) 22:49:50.007 ID:LB8A4TMsp.net

    本末転倒


    12 :名無しさん 2019/07/03(水) 22:51:08.152 ID:h1xA7sU30.net

    数時間後――

    姫「ダメだわ! 何やっても生き返らない!」

    プーン…

    姫「ん?」

    姫「……臭い!」

    姫「どうしよ! 早くも腐ってきちゃった! 魔族って腐るのが早いのかしら!」

    姫「ひいい、もう魔王を生き返らすのは無理だわ!」


    14 :名無しさん 2019/07/03(水) 22:54:23.859 ID:h1xA7sU30.net

    姫(もし、このまま勇者様がやってきたら――)


    勇者『あれ、魔王は?』

    姫『私が……倒してしまいました』

    勇者『うわっ、なんて野蛮な! 君のことは嫌いになったよ!』

    姫『そんな……!』


    姫「きっとこうなってしまう!」

    姫「こうなったらなんとしても魔王には復活してもらわなくては!」


    16 :名無しさん 2019/07/03(水) 22:57:33.249 ID:h1xA7sU30.net

    姫「あのー」

    側近「! なぜ出歩いている!?」

    姫「魔王様が自由時間をくださったの」

    側近(また勝手なことを……!)

    側近「それで?」

    姫「このお城って図書室あるかしら?」

    側近「図書室? 書庫だったらあそこを曲がってすぐだ」

    姫「ありがとうございます!」

    側近「……?」


    17 :名無しさん 2019/07/03(水) 23:01:06.807 ID:h1xA7sU30.net

    姫「ここが魔王城の書庫……さすがにすごい量だわ」

    姫(ここを漁れば、きっと魔王を蘇らせる方法も見つかるはず!)

    姫「えーっと……」

    ペラペラ…

    姫「これでもない……この本も違う……」

    ペラペラ…


    18 :名無しさん 2019/07/03(水) 23:02:00.302 ID:1iUpoU1br.net

    姫が魔王復活願うんかw


    20 :名無しさん 2019/07/03(水) 23:06:04.399 ID:h1xA7sU30.net

    姫「――あった!」

    姫「“死んだ魔族をアンデッドとして蘇らせる術”……これでいいわ!」

    姫「魔力を膨大に使うのと、そこまで使わないのがあるのか……使わない方でいっか」

    姫「やり方は……ふむふむ……」

    姫「……」

    姫「……」

    姫「よし、いよいよ魔王復活だわ!」


    21 :名無しさん 2019/07/03(水) 23:09:19.466 ID:h1xA7sU30.net

    姫(魔王の死体を魔法陣の中に置いて、と)

    姫「ドッデンア……ドッデンア……」

    姫「ビーンゾ、ビーンゾ……イタシタッサク……」

    姫「よみがーえーれー!!!」ボアァァァァァ…


    魔王「……」ピクッ


    姫(動いた!?)


    22 :名無しさん 2019/07/03(水) 23:13:36.962 ID:h1xA7sU30.net

    魔王「……」ムクッ

    姫「立った! 魔王が立ったわ! やったーっ!」

    魔王「……」ボロボロ…

    姫「!」

    魔王「ウ、ウガ……」

    姫「あら?」

    魔王「ウガァァァァァ……」

    姫(体は崩れてるし、知能もまるでない! これじゃとても魔王とはいえないわ!)

    姫「くっ……ケチらず、魔力をたくさん使う方の術にすべきだったわ……」


    23 :名無しさん 2019/07/03(水) 23:16:41.654 ID:h1xA7sU30.net

    側近「失礼します」ガチャッ

    魔王「……」

    姫「!?」ビクッ

    姫(なに!? なんでいきなり入ってくるの!?)

    魔王「ウ、ウガ……」

    姫(ヤバイ、私が魔王の声をやらないと!)

    魔王『側近よ、なに勝手に入ってきておるか。いいところだったというのに』

    側近「魔王様……」

    魔王『なんだ』


    25 :名無しさん 2019/07/03(水) 23:20:14.724 ID:h1xA7sU30.net

    側近「あんたの天下は今日で終わりだ!」

    姫「へ!?」

    側近「人類支配という目的も忘れ、人間の小娘などと遊び呆け……」

    側近「あんたの身勝手な独裁には、昔から我慢ならなかったんだよ!」

    姫(クーデター!?)

    側近「喰らえッ! 爆破呪文!」

    ボウンッ!

    魔王「ウガァッ!」ボロッ…

    姫(ゲーッ! 今の魔王は死んでるから、熱には弱いんだってば!)

    側近「おおっ、私の呪文が通じる! やはり私が魔王軍最強だ!」

    姫(不完全とはいえやっと蘇らせたのに、なんてことしてくれるのよ、このバカ!)


    27 :名無しさん 2019/07/03(水) 23:23:53.753 ID:h1xA7sU30.net

    側近「トドメだ!」


    ボガァァァァァン!!!


    側近「や、やった……!」

    側近「!?」

    姫「痛い……」プスプス…

    側近「な!? なぜ姫が!? 魔王の盾に!?」

    姫「えーと……この小娘の体を操り、盾とさせてもらったのだ」

    側近「くっ、なんという卑劣な! ならばもう一撃――」


    29 :名無しさん 2019/07/03(水) 23:25:14.368 ID:o9dnVK3Br.net

    姫「魔王は私が守る!」


    30 :名無しさん 2019/07/03(水) 23:27:38.515 ID:h1xA7sU30.net

    姫「させるかァ!!!」バチンッ

    側近「ぶっ!」ボキッ

    ドサッ…

    姫「ふぅ……やっつけたわ」

    魔王「ウ、ウガ……」

    姫「――って、こいつがクーデター起こすならそのままこいつに魔王になってもらってもよかったか!」

    姫「あー、失敗したー……」

    姫「ま、いっか! やっぱり魔王は魔王がやらなくちゃね!」


    31 :名無しさん 2019/07/03(水) 23:27:52.170 ID:wDEfswN/0.net

    怪力で魔力もあって魔防も高い
    つよい


    32 :名無しさん 2019/07/03(水) 23:30:12.007 ID:GKJbK3Ij0.net

    勇者いらんな


    33 :名無しさん 2019/07/03(水) 23:30:33.061 ID:h1xA7sU30.net

    姫「魔王!」

    魔王「ウガ?」

    姫「それじゃ改めてあんたを殺して、今度は魔力をたっぷり使う術で蘇らせてあげるからね!」

    姫「そしたら、ちゃんと魔王として勇者様を迎え撃ってね!」

    魔王「ウガァ……」コクッ

    姫「せーのっ……」

    バキィッ!


    …………

    ……


    34 :名無しさん 2019/07/03(水) 23:34:30.138 ID:h1xA7sU30.net

    ……

    勇者「ついに、ついに……ここまでたどり着いたぞ」

    勇者「出てこい、魔王!」

    魔王「フハハハハハ、来たか、勇者よ!」

    勇者「姫は!? 姫はどこにいる!」

    魔王「奥の部屋で大人しくしてもらっておるよ……クックック」

    勇者「今こそ貴様を倒し、姫と平和を取り戻す!」

    魔王「青二才めが……余の力の前にひれ伏すがいい!」

    勇者「いくぞーっ!!!」ダッ


    35 :名無しさん 2019/07/03(水) 23:36:50.983 ID:h1xA7sU30.net

    ザシュッ!

    魔王「ぐはっ……! 余を倒す、とは……!」ドサッ…

    勇者「ハァ、ハァ……やった……!」

    勇者「姫!!!」

    姫「勇者様!」

    勇者「よかった、無事だったんだね!」

    姫「はい……!」


    37 :名無しさん 2019/07/03(水) 23:39:34.145 ID:h1xA7sU30.net

    姫「苦しい旅だったでしょう」

    勇者「うん……」

    勇者「しかし、こうして手強い魔王と戦い、この手で倒すことができたのは、諦めなかったおかげだ」

    勇者「君を助けることができて本当によかった……」

    姫「私も……諦めないでよかったです……!」






    ― 完 ―


    40 :名無しさん 2019/07/03(水) 23:40:20.318 ID:1jTzBLsS0.net

    姫ってすげぇ


    42 :名無しさん 2019/07/03(水) 23:41:51.859 ID:o9dnVK3Br.net


    諦めないことの大切さがよく分かった


    この記事へのコメント