女勇者「くっ、敵に囲まれたっ、賢者頼むっ!」 賢者タイム中だけ賢者「え、いや今賢者タイムじゃないし無理だろ」

    game_yuusya_woman.png




    1 :名無しさん 2019/08/03(土) 22:45:17.932 ID:Cbxi5W5u0.net

    魔物たち「ぐおおお!」

    女勇者「な、なに言ってんだおまえっ」

    女魔法使い「いいから真面目に戦ってくださいっ」

    賢者「いやだから、俺は賢者タイム中じゃないと力発揮できないんだ、いつも言っててるだろが」

    女戦士「き、貴様って男はいつもいつもこの状況下で」

    賢者「じゃあそんなこというなら、だれか俺のオカズになれよ、
    賢者タイムになるからよ」

    女勇者「ぐっ…っ」

    女勇者「じゃ、じゃあこれでどうっ?」ピラッ


    3 :名無しさん 2019/08/03(土) 22:45:55.118 ID:pDEFaqtJa.net

    よし続けろ


    8 :名無しさん 2019/08/03(土) 22:51:03.107 ID:Cbxi5W5u0.net

    賢者「おお、勇者のくせに下着黒とかエロいなあ、ええやんええやん」

    女勇者「い、いいから早くしろバカ…」

    賢者「仕方ねえな、やってやんよ、へへへ…、ふう…ふう…」シュッシュ

    賢者「うっ!」ドピュ

    女戦士「だ、だめだ敵の数が多すぎるっ」

    女魔法使い「こ、このままじゃあ全滅ですっ」

    賢者「みなさん、早くお下がりなさいっ、はあ!イオナズンっ!!」

    魔物たち「ぎゃああ!」


    9 :名無しさん 2019/08/03(土) 22:56:14.028 ID:Cbxi5W5u0.net

    女魔法使い「す、すごい一撃であのモンスターの群れを」

    女戦士「悔しいが実力はぴか一だな…」

    賢者「大丈夫ですか、みなさん。敵にやられてダメージを受けたのでは…ベホマラー!」

    パーティのHPが回復した

    賢者「ふう…、しかしモタモタはしていられませんよ。一刻も早く魔王のところまで
    いき、世界を平和にしなくては……さあ、行きましょうっ!」

    女勇者「……くそ…いつもいつも賢者タイム中だけまともになって……」

    女戦士「ああ……、助けてもらってなんだが……、なんか腹立つ」

    女魔法使い「釈然としないです…」


    16 :名無しさん 2019/08/03(土) 23:06:08.770 ID:Cbxi5W5u0.net

    女勇者「この扉の先にここのダンジョンのボスがいるはずだ、みんな気を引き締めていこうっ」

    女魔法使い「ええっ」

    女戦士「わかった」

    女勇者「よし行くぞっ」

    賢者「え?いややわ。お前らだけで行きーや」

    女勇者「!!?な、お、お前さっきまで、賢者タイムだったはずなのに」

    女戦士「もうもとにもどったのかっ!あれから1時間もたってないぞっ!」

    女魔法使い「早すぎます……」


    18 :名無しさん 2019/08/03(土) 23:12:55.200 ID:Cbxi5W5u0.net

    賢者「俺もついていってほしかったら、まただれかオカズになれや、へへ」

    女戦士「ぐっ……貴様っ」

    女魔法使い「もうこんなクズ放っておいて行きましょうっ」

    女勇者「だ、だが、賢者タイム中のコイツの力は必要だし、く、くそっ」

    女戦士「くっ……、足元を見よってからに……!頼むっ、女魔法使いっ」

    女魔法使い「えええっ、わ、私ですかっ!?」


    22 :名無しさん 2019/08/03(土) 23:18:30.888 ID:Cbxi5W5u0.net

    女魔法使い「ううう……、き、気持ち悪いです…、こんな人の前でこんなかっこう…」

    賢者「おおええやん、あぶない水着似合うやんっ…なんでこんなん持っとん?
    だれか見せる相手いるわけか、へへへ」

    女勇者「いいからはやくヤレっ」

    賢者「ああはいはい、はあはあ、うっ」ドピュ

    賢者「……、さ、はやくいきましょうか、ダンジョンのボスがいる扉の向こうに……む?」

    賢者「女魔法使い……、なんですかそのハレンチな恰好は…?
    これから大事な決戦というのにふざけないでください」

    女魔法使い「え!?い、いやだってこれ貴方が」

    賢者「戦いをなめるなっ!!」

    女魔法使い「!!??」


    25 :名無しさん 2019/08/03(土) 23:23:07.997 ID:ovAwZ1F60.net

    >>22
    理不尽w


    27 :名無しさん 2019/08/03(土) 23:30:31.492 ID:Cbxi5W5u0.net

    賢者「メラゾーマっ!」

    ボス「ぎゃああ!」

    賢者「ふっ、大丈夫ですかみなさん、ケガはありませんか?ベホマラー」

    女勇者「あ、ああ…ありがとう」

    賢者「あ、それと……、魔法使い」

    女魔法使い「はい?」

    賢者「さっきはどなってすみませんでしたね。けど…、ダンジョンでは
    ちょっとした気のゆるみが命取りとなりますから、そこだけはわかってください」

    賢者「そこだけは…どうか」

    女魔法使い「ああはいはい…もういいからわかりましたから…、もう、いいですから…」

    賢者「さ、それじゃあ宿に戻りましょうかみなさん」ニッコリ


    31 :名無しさん 2019/08/03(土) 23:33:20.483 ID:CJ1WGj3F.net

    ワロタ


    29 :名無しさん 2019/08/03(土) 23:31:59.568 ID:JuyXE/Vi0.net

    コイツのどこが賢者だよww


    34 :名無しさん 2019/08/03(土) 23:38:51.253 ID:Cbxi5W5u0.net

    女戦士「くそ……、くやしいが滅茶苦茶たよりになる……、
    け、けどなんかめちゃくちゃ殴りたい…」

    女勇者「すまない…、あ、あんな奴に頼らざる負えない自分が不甲斐ない……」

    女魔法使い「そ、そんな勇者は悪くないですっ」

    女戦士「ああ、悪いのはあの賢者タイムじゃなくなったあのクズが……、きゃああ!」

    賢者「おい、なんやそれは俺のことかい?お?えっろい体しよってからにっ」モミモミ

    女戦士「きゃああああ!!」

    女勇者「け、賢者!?もう賢者モード終わったのか!?」

    女魔法使い「今さっきダンジョンのボス倒したばっかりなのに早すぎでしょっ!」


    35 :名無しさん 2019/08/03(土) 23:42:12.472 ID:JuyXE/Vi0.net

    コイツは二重人格者なの?


    38 :名無しさん 2019/08/03(土) 23:45:48.081 ID:Cbxi5W5u0.net

    戦士「お、おいやめろ放せクズがっ!胸もむな腰をカクカクするなばかっ!」

    賢者「クズとはずいぶんな言い回しだなあ、俺がいねーとどうしょうもねーだろ
    お前らはよぉ!ほんと顔と体しかいいとこないんやからお前らはホンマ」

    賢者「うわあ、しかしいいもん持ってるなあおまえ、すっげ、でっけ、
    戦士なんかより別の仕事したほうがいいんじゃ……へへ…、はあ、はあ!うっ!」ドピュ

    賢者「………」

    女戦士「………」

    賢者「……さ、もうこのダンジョンには用はない。はやくいきますよ皆さん」

    女戦士「貴様あ!!」

    女勇者「せ、戦士っ、だ、ダメだっ抑えてっ!」

    女魔法使い「き、気持ちはわかりますけど、ここはこらえてくださいっ!!」


    39 :名無しさん 2019/08/03(土) 23:56:18.529 ID:Cbxi5W5u0.net

    その晩 宿

    女戦士「もう我慢の限界だっ!いくら強かろうがあんな奴、パーティから外そうっ!」

    女魔法使い「そうですねっ、あんなクズともう一緒に冒険なんてできません、いいでしょ、勇者っ」

    勇者「う、ううむ…、私も同じ気持ちだが…
    しかしあれほどの実力者そうそういないし……、それに賢者タイム中の奴は真面目でまともだし」

    女戦士「いや賢者タイム中の奴なんて、ほんのちょっとじゃないかっ!一日のほとんどは
    あのクズのままだぞっ!」

    女魔法使い「そうですっ、最近じゃ賢者タイムの時間もどんどん短くなってますしっ!
    アイツエロい目で見てくるし、四六時中イカ臭いし、私もう嫌ですっ!」

    女勇者「ううん…、そうだなあ、
    せめて、なんとかして賢者タイムを持続させる方法はないものか…」


    41 :名無しさん 2019/08/03(土) 23:59:13.672 ID:Cbxi5W5u0.net

    女戦士「いい加減にしてくれ勇者!そんな方法あるわけ……」

    女戦士「……」

    女勇者「……」

    女魔法使い「………」

    ………

    女勇者「ま、やむ負えないか」

    女魔法使い「そうですね、やむ負えません、やるしかないですよ」

    女戦士「そうだな、まあ、仕方ないよな。やるか」


    45 :名無しさん 2019/08/04(日) 00:02:11.906 ID:yhluBzqqd.net

    ヒエッ


    43 :名無しさん 2019/08/04(日) 00:00:45.509 ID:hdaC3Ax+0.net

    やはり去勢か‥‥


    42 :名無しさん 2019/08/04(日) 00:00:31.493 ID:MO1ZApEOd.net

    やめたげて!


    47 :名無しさん 2019/08/04(日) 00:03:15.898 ID:6QZSll3y0.net

    賢者の部屋

    賢者「ふいー、明日はあの女ども相手にどんなスケベ行為してやろっかなー、
    そろそろ寝るか…ふああ」

    賢者「………」

    賢者「……ん、あ、あれ?なんだ?動けない…?いったい何が…?」

    女勇者「すまないな賢者」

    賢者「え……?」


    52 :名無しさん 2019/08/04(日) 00:09:45.012 ID:6QZSll3y0.net

    賢者「お、おいなんだこれ!なんでロープでぐるぐる巻きにされてんだ俺っ、
    な、なんのつもりだおいっ!」

    女魔法使い「ごめんなさいごめんなさい」

    賢者「え!?ちょ、な、なんでズボン脱がすん!?おいっ!……おいっ…?」

    女戦士「すまない…賢者…しかしもう限界なんだ。ほんとすまない」

    賢者「おい……、戦士お前……、それなに?なんでおおばさみ装備してんのお前…え?」

    女勇者「さよなら賢者タイム外の賢者……、お前と一緒に旅をしてきたこと…私たちは
    忘れないから……安らかに眠ってくれ」

    女勇者「戦士……頼む」

    女戦士「ああ」

    賢者「お、お前ら何言ってんだや、やめろおいっ!ふ、ふざけんなよ糞女どもがっ!
    俺は賢者だぞっ!?こ、この俺にこんな真似してただで済むとおもっ……あっ」

    賢者「あああああああああああああああ!!!!!」


    54 :名無しさん 2019/08/04(日) 00:11:30.728 ID:hdaC3Ax+0.net

    ボトッ


    56 :名無しさん 2019/08/04(日) 00:14:26.215 ID:6QZSll3y0.net

    それから

    魔物「ぐおおっ」

    女勇者「く、囲まれたかっ」

    女戦士「くそっ、数が多すぎるっ」

    女魔法使い「どんどん集まってきますっ、このままじゃあ…」

    賢者「大丈夫よっ、私が援護するわっ、スクルト、バイキルトっ」

    女勇者「ああ、すまない賢者っ」

    女戦士「いつも助かるっ、よしいくぞっ」


    59 :名無しさん 2019/08/04(日) 00:15:42.097 ID:teiM5m18M.net

    ワロタ


    57 :名無しさん 2019/08/04(日) 00:15:26.874 ID:Hof9GTwD0.net

    いたそう


    58 :名無しさん 2019/08/04(日) 00:15:35.418 ID:DEFf+r1b0.net

    ハッピーエンドやん


    63 :名無しさん 2019/08/04(日) 00:18:20.089 ID:6QZSll3y0.net

    ………

    女戦士「お前にはいつも助けられてばっかりだな、賢者」

    女勇者「ああ、いつもすまない」

    賢者「いえそんな…、わたしのほうこそすみません。みなさんと冒険してる
    途中で急に記憶をなくすだなんて、情けないです……」

    賢者「一体どうしてそうなったのか自分でもよくわからなくて…
    思い出せることといえば、ものすごく怖い目にあったという曖昧な記憶だけで」

    女勇者「あ、ああ…、そ、そうなんだ」

    女戦士「まあ、そういうのはあんまり思い出さなくてもいいんじゃないかな」

    賢者「そうでしょうか」


    64 :名無しさん 2019/08/04(日) 00:18:41.528 ID:qOmSwMXw0.net

    ショックでオカマに……


    65 :名無しさん 2019/08/04(日) 00:22:38.656 ID:hdaC3Ax+0.net

    記憶が戻るとどうなるんだろうな


    66 :名無しさん 2019/08/04(日) 00:32:42.984 ID:6QZSll3y0.net

    女魔法使い「そんなことより、賢者。いつもみたいに私に魔法を教えてよ、ほら、あっちいこ」

    賢者「女魔法使い……、ええそうですね、分かりました」


    村人A「いやあ、助かりました勇者さん。村を脅かす魔物を倒してくださって
    これ、すくないですが」

    女勇者「あ、いえ、礼には及びません。こんなものを受け取ったら
    うちの賢者に怒られてしまいますよ、はは」

    女勇者「それじゃ、私たちはこれで」


    67 :名無しさん 2019/08/04(日) 00:33:36.495 ID:6QZSll3y0.net

    ……

    旅人A「……さすが勇者一行だな。さっきの魔物との戦闘、我々が加勢するまでもなく
    村に襲撃してきた魔物を一瞬で倒していったぞ。さすが魔王退治を目標とするパーティは違うな」

    旅人B「ああ、さすがだったな。とくにあの賢者…、パーティの中でも
    頭一つ抜けてて、噂どおりの実力者だったな。人格もものすごくいいらしいし、聖人だよほんと」

    旅人C「うん噂どおりの……、ん?」

    旅人A「…どうした?」

    旅人C「いや、おれの勘違いかな……?

    賢者ってたしか……、男、っていう話だったような……」



    おしまい


    73 :名無しさん 2019/08/04(日) 00:45:47.760 ID:0AcJdWPX.net

    ワロタ


    72 :名無しさん 2019/08/04(日) 00:36:59.530 ID:09zsRDaf0.net

    楽しかったよ


    この記事へのコメント