女「手でコイてあげる!」男「ほ、本当かい!?」

    onara.png




    1 :名無しさん 2020/05/08(金) 18:30:33 ID:6AUKPOJa0.net

    女「いくよ!」

    女「それっ!」プッ

    男「おおっ、手から屁が!」

    女「連発もできるよ」プップップッ

    男「おお〜!」

    男「ちょっと溜めれば……」

    女「大きなのも出せるし」ボフッ!

    男「すごい……!」


    10 :名無しさん 2020/05/08(金) 18:33:26 ID:6AUKPOJa0.net

    女「実は、これにはタネがあるの」

    男「タネ?」

    女「私の両手の掌には、穴があるんだ。ここから屁が出せるの」プッ

    男「なるほど!」

    女「どう? ……引いちゃった?」

    男「いや、そんなことない……俺は感動してるよ! 君のような子に会えて嬉しいよ!」

    女「ホント? ありがとう!」


    12 :名無しさん 2020/05/08(金) 18:34:11 ID:O4qA84iq0.net

    なんかそういう能力のキャラいたよな


    13 :名無しさん 2020/05/08(金) 18:34:45 ID:ZK5W8Q2jM.net

    ヒロアカの爆轟だっけ


    14 :名無しさん 2020/05/08(金) 18:36:10 ID:6AUKPOJa0.net

    女「だけど、私には関わらない方がいいわ」

    男「どうして?」

    女「だって、私は――」





    ゾロゾロ…

    ボス「見つけたぞ、お嬢さん……。テアナ族、最後の生き残りよ」


    18 :名無しさん 2020/05/08(金) 18:39:13 ID:6AUKPOJa0.net

    男「あいつらは……!?」

    女「今は説明してる暇はないわ!」

    ボス「今日こそ貴様を捕え、その体を研究してくれるわ! ――捕えろッ!」

    手下A「はいっ!」ダダダッ

    女「かかってくるなら……戦うしかないわね!」

    女「右手屁(ライトッペ)ッ!」ブボッ!

    手下A「ぐはぁっ!」


    19 :名無しさん 2020/05/08(金) 18:40:56 ID:lNozcwQ/0.net

    絶妙にダサい


    21 :名無しさん 2020/05/08(金) 18:42:34 ID:7lSQAyU10.net

    左右の違いとは


    20 :名無しさん 2020/05/08(金) 18:42:15 ID:6AUKPOJa0.net

    手下B「く、くそっ!」

    手下C「なんて屁だ!」

    女「左手屁(レフトッペ)ッ!」ブボッ!

    手下B「うぎゃあああっ!」

    手下C「ぐわぁぁぁぁ……っ!」

    ボス「ちっ……! ならまとめてかかれっ!」

    タタタタッ… タタタタッ…


    22 :名無しさん 2020/05/08(金) 18:43:25 ID:XX5JD3tGr.net

    小峠いるぞ


    23 :名無しさん 2020/05/08(金) 18:46:07 ID:6AUKPOJa0.net

    女(両手をくっつけて――)

    女「両手屁(ダブルッペ)ッ!」ブボボッ!!!



    モワァァァァ…



    「うがあっ!」 「ぐわあああっ……!」 「く、苦しい……ッ!」

    ボス「む……!」

    ボス「くそ……逃がしたか!」


    26 :名無しさん 2020/05/08(金) 18:49:01.129 ID:6AUKPOJa0.net

    男「どうにか撒けたようだね……」

    女「うん……」

    男「どこか行くあてはあるのかい?」

    女「……」

    男「だったら、とりあえず俺の家に来なよ」

    女「でも……」

    男「君とここで別れたら、俺は気になって、交通事故にでも遭うかもしれない」

    男「俺のことを気遣うのなら、家に来てくれ」

    女「うん……ありがとう」


    27 :名無しさん 2020/05/08(金) 18:53:04 ID:6AUKPOJa0.net

    男「レトルト食品しかないけど……」

    女「ううん、おいしいわ」モグモグ

    男「ところで、あいつらは君のこと“テアナ族”っていってたけど……」

    女「ええ、私は手に穴があるテアナ族最後の生き残り……」

    女「奴らは私を捕えて、なにか研究するつもりなの」

    男「いったいどんな?」

    女「それは……分からないわ」

    男「まあ、しばらくはここでゆっくりしていくといいよ」

    男「よかったら先にシャワーでもどうぞ」

    女「じゃあ……遠慮なく」


    29 :名無しさん 2020/05/08(金) 18:56:14 ID:6AUKPOJa0.net

    男「ふぅ〜……サッパリした」

    女「……あら?」

    女「シャワー浴びた後なのに、靴下履くんだ」

    男「ああ、これは……」

    女「もしかして、冷え性?」

    男「そんなんじゃなくて、これは……」


    30 :名無しさん 2020/05/08(金) 18:58:04 ID:6AUKPOJa0.net

    ――ドガァンッ!

    男「な、なんだ!? ドアが……!」

    ドカドカドカ…

    手下A「やっと見つけたぞ!」

    手下B「さあ、ボスのところに連れてってやる!」

    手下C「屁を出す掌に気をつけろ!」ガシッ

    女「きゃあっ!」

    男「お前たちは……!」


    31 :名無しさん 2020/05/08(金) 19:01:46 ID:6AUKPOJa0.net

    男「やめろ! 彼女をはなせ!」

    手下A「うるさい!」バキッ!

    男「ぐっ!」

    手下B「よし、とっととずらかるぞ!」

    手下C「外に車が待機させてある! 急げ!」

    ドカドカドカ…

    男「ま、待て……!」


    32 :名無しさん 2020/05/08(金) 19:04:33.695 ID:6AUKPOJa0.net

    手下A「ほら、中に入れ!」

    女「いやっ……!」

    手下B「車を出せ!」

    ブロロロロ…



    男「くそっ……!」

    男(こうなったら……)


    34 :名無しさん 2020/05/08(金) 19:07:27 ID:6AUKPOJa0.net

    手下A「ボス、テアナ族の女を連れてきました!」

    手下B「屁を出せないよう、両手は縛ってあるので安全です!」

    ボス「ご苦労」

    女「私をどうするつもりなの……?」

    ボス「解剖させてもらう」

    ボス「バラバラにして、全身隅々まで観察し、その体の仕組みを徹底的に調べさせてもらう」

    女「……!」ゾクッ


    35 :名無しさん 2020/05/08(金) 19:09:14 ID:+TSYi+Qr0.net

    なんかワロタ


    37 :名無しさん 2020/05/08(金) 19:10:43 ID:lNozcwQ/0.net

    最後の一人なんだしもうちょい大事に使おうぜ


    38 :名無しさん 2020/05/08(金) 19:11:08 ID:6AUKPOJa0.net

    男「そんなことさせるかァ!!!」




    ボス「む!?」

    女「男さん!」

    手下A「あいつはさっきの……!」

    手下B「こっちは車だったのに、なんで追いついてきてんだよ!」


    40 :名無しさん 2020/05/08(金) 19:14:32 ID:6AUKPOJa0.net

    ボス「水を差しおって……さっさと始末しろ!」

    手下A「はい!」

    手下B「ここでなら殺したって問題ないぜ!」

    男「悪いが……」

    男「裸足の俺に追いつける奴はいない」ブボッ!!!

    ギュンッ!

    手下A「えっ!?」

    手下B「消え……!」


    41 :名無しさん 2020/05/08(金) 19:18:21.614 ID:6AUKPOJa0.net

    男「両足屁(ジェットッペ)ッ!!!」ギュゥゥゥゥゥン!

    ドガガガガガッ!!!

    手下A「ぐはっ……!」

    手下B「ぎゃふ!」

    手下C「うぎゃあっ!」



    ボス「な、なんだこいつは!? ものすごいスピードだ!」

    女「屁だわ……!」

    ボス「へ?」

    女「足から屁を出して、その推進力があのスピードを生み出してるんだわ!」

    ボス「足から屁を……? ということはまさか――」

    女「彼は……アシアナ族だったんだわ……!」


    42 :名無しさん 2020/05/08(金) 19:22:19 ID:6AUKPOJa0.net

    ドゴォッ!

    「ぐはぁぁぁっ!」ドサッ…

    男「これで手下は全滅した。ここまでだな」

    ボス「うぐっ……!」

    女「ねえ、教えて。どうして私をつけ狙ったの? どういう研究をするつもりだったの?」

    ボス「……」

    ボス「……風呂だ」

    男「風呂?」


    43 :名無しさん 2020/05/08(金) 19:25:33 ID:6AUKPOJa0.net

    ボス「風呂で湯船に浸かってる時に屁をすると、大量の大腸菌が放出され、とても不衛生だと聞いてな」

    ボス「だが、この年になると、屁をもよおすたび湯船から立ち上がるのはどうにもおっくうでな……」

    ボス「しかし、手から屁を出せるようになれば、体はお湯に浸かったまま屁を出せるだろう!?」

    ボス「だから……! だからっ……!」

    男「……」

    女「……」

    ボス「許して……くれるのか……?」


    44 :名無しさん 2020/05/08(金) 19:27:04 ID:lfTAKiHer.net

    ボスェ…


    45 :名無しさん 2020/05/08(金) 19:29:17 ID:6AUKPOJa0.net

    男「……」サッ

    女「……」サッ

    男女「手足屁(テアシッペ)!!!」



    ブボワァァァッ!!!



    ボス「ぐぎゃああああああああああああ!!!」


    47 :名無しさん 2020/05/08(金) 19:33:11 ID:KuSPRPHqd.net

    予想通りだったけど笑ってしまった


    46 :名無しさん 2020/05/08(金) 19:32:37 ID:6AUKPOJa0.net

    男「奴もあれだけ屁を喰らえば、もう君に手を出すことはないだろう」

    女「……ありがとう」

    女「驚いちゃった。あなたがあのアシアナ族だったなんて」

    男「俺もだよ。だけど、テアナ族の人に会えて嬉しかった……」

    女「私も……」

    男「俺たち……これからずっと一緒に生きていかないか?」

    女「うん……ぜひお願いします!」

    男「やったぁ! 必ず幸せにするよ!」

    女「あ! ってことは……」


    48 :名無しさん 2020/05/08(金) 19:34:28 ID:6AUKPOJa0.net

    女「私たち、人と違うところに穴がある者同士だから……穴夫婦だね!」

    男(穴兄弟みたいでちょっと嫌だな……)








    おわり


    53 :名無しさん 2020/05/08(金) 19:39:39 ID:lfTAKiHer.net


    オチわろた


    52 :名無しさん 2020/05/08(金) 19:37:42 ID:oD5Re8e30.net

    感動した



    この記事へのコメント